理念

事業を進める上で、私たちを導く3つの理念は、フランス語の三つのRで表されます。すなわち、

 

        1) Respect d’autrui「他者の尊重」

 

        2) Réflexion「熟慮」

 

        3) Responsabilité「責任感」です。

 



「他者の尊重」は、私たちが最も重きを置く理念です。私たちが提供するサービスの価値やその有用性に自信を持って業務にあたっておりますが、その仕事の価値が発揮されるのは、お客様、取引先の業者の方、また、仕事上のスタッフやパートナーの方があってのことです。このビジネスの基本を常に意識するよう心がけております。

 

また、いわゆる「ステークホルダー」を尊重するだけでなく、いわゆる「異文化の尊重」も、海外ビジネス、とりわけ日仏ビジネスを取り扱う我々にとって重要な考え方です。異なる文化に出会い、交流を深めることで、自らの限界点を押し広げ、さらなる成長の契機を生み出すことにつながります。他者の尊重及び異文化の尊重は、国際ビジネスにおいて協働し、着実に仕事を成功させていくためには欠かせない価値観であると、私たちは考えております。

 

次に、「熟慮」は、私たちを支える二つ目の理念です。私たちの業界では、ほとんどの場合、決まったサービスや定型的な答えといったものはありません。 それぞれの案件は、固有の課題や問題を含んでおり、それらは、さらに特有の環境や文脈に位置付けられています。したがって、それぞれの案件、置かれた状況、私たち自身の行動や判断、さらには私たち自身について常に謙虚に向かい合い、熟慮と反省を重ねる姿勢を持つ必要があると考えております。

 

最後に、私たちは常に意識すべき「責任感」を理念として掲げております。私たちが蓄積した知識やノウハウはすべて社会から授かったものです。これら、私たちが提案するサービスの価値は、この社会が、それを構成するあらゆる人々の参画によって機能し、発展を続けているという条件においてのみ、その使用価値が発揮されます。それゆえ、私たちは、企業の社会的責任を意識しつつ、私たちが受け取ったものを社会に還元していく姿勢を貫かねばならないと考えております。