ビジネス言語に関する考察

言葉の壁を乗り越えるために、二つの考え方があります。例えば、フランスの政府関連機関、ビジネス・フランスは、日本とフランスのビジネスでは通訳を使うことを推奨しています。

 一方、経験豊富なビジネスマンの中には、相手の言葉の能力が多少あやふやであったとしても、英語で直接会話することの方がリスクが少ないと考える人もいます(証言 ルノー・日産元幹部)。

それぞれ、個別の経験に基づく知見なのでしょう。

 

しかし、前者の場合は、必ずしも、ビジネスに知見のある通訳の方がいるとは限りません。残念ながら、ビジネスを知らないために、誤訳の恐れだけでなく、要点を取り違えてしまう事例が少なくありません。

また、後者の場合でも、双方の英語が相当レベルの高いものであればよいかもしれませんが、そうでなければ、コミュニケーションがうまくいかないリスクはかなりあります。特に初めてのビジネスパートナーと交渉するとき、最も重要な交渉を行う局面などでは、万全の態勢で臨みたいものです。

 

私たちは、フランスという異言語空間におけるビジネスサポーターとして、フランス人パートナーとの商談、各種会議、視察など、様々なビジネスシーンで、お客様と同じ立ち位置に身を置き、事業支援をしてまいります。

 

ビジネスの具体的な中身を理解し、フランスにおける法制度、ビジネス慣行等を踏まえて、状況により、フランス語、日本語そして英語を使い分けつつ、交渉を有利に運び、事業の円滑な推進を助けます。

 

また、相手の言葉も確実に理解し、こちらの意図も相手の言語で正確に伝えることができますので、お客様のフランス人ビジネスパートナーも安心し、信頼感を持って、お客様との商談に当たることができるようになります。